BBC SHERLOCKのベイカーストリート221B

原書で出てくるBakerstreet 221Bは、Baker Street駅のすぐ近くにありますが、大きな道路に面している場所の為、とてもドラマロケには使えなかったそうで、スタッフはEuston Squareの近く、North Gower Street(ノース・ガワー・ストリート)にあるフラットを、BBCドラマ「SHERLOCK」での221Bとしました

North Gower Streetにある、BBC「SHERLOCK」の221Bベイカーストリート 建物(2010年12月)

ドアが開いていました。中の壁紙は青色。ドラマと同じ。サンドイッチ屋さんも平日は営業しています(2010年12月)

BBC「SHERLOCK」のフラットのある場所は、187 North Gower St, London NW1 2NJ

ユーロスターが止まるユーストン駅&北西行の列車が出るキングスクロス駅から東に歩いて15分ほど。最寄はサークルライン、ハマースミス&シティライン、メトロポリタンラインが停車する「Eusuton Square」駅です。

ユニバーシティ・カレッジ病院(University College Hospital)は、幹線道路のユーストン・ロードを挟んだ向かい(南側)にあります。病院に繋がる出口に出てはいけません。

シャーロック・ホームズ博物館のあるベイカーストリート駅から2駅なので、博物館へ行った後足を向けてもいいと思います。

Euston Square駅に行くのは、サークルライン(Cercle:黄色)、ハマースミス&シティライン(Hammersmith & City:ピンク)、メトロポリタンライン(Metropolitan:紫)の3路線。

 

2011年5月撮影。シリーズ2の撮影開始を目前に控えていた時期です。

次の2枚は、2011年5月に撮った写真。シリーズ2の撮影が目前に控えていた時期です。サンドイッチ屋さんの2階は空家になっていました。向かって左に組まれている足場が撮影用の物かどうかは不明。

尚、道路はコインパーキングエリアなので、普段はいつも車がぎっしり止まっています(違法の路駐ではなく合法の有料駐車場)。ドラマ内でタクシーがすっと歩道に寄せられるのは、役所の許可を取って撮影中はこのコインパーキングを利用停止し、スペースを確保していたからです。

正面からの写真だと右端の方で車の陰に隠れてよく見えないのですが、これがパーキングメーター。

S1-EP2「The Blind Banker/死を呼ぶ暗号」のラストで、フラットの窓から何気なく下を見下ろしていたジョンが、少年が黄色いペイントで目のマークを描くのをみて絶句するものだと思われます。

S1-EP2「The Blind Banker/死を呼ぶ暗号」のラストで出てきたパーキングメーター。

 

 

Empireに221Bセット内部の360度写真ツアー記事があります。

Empire:Exclusive 360° Panoramic Tour Around Sherlock's 221B Baker Street Set

プロダクション・デザイナーのArwel Wyn Jonesも、221Bセット内のパノラマ写真をupしています。次のツイートにあるリンクからご覧ください。


スポンサードリンク