Dear Jim, please will you fix it for me ~ - Jim'll Fix it (S1-EP3)

シリーズ1第3話「The Great Game/大いなるゲーム」のクライマックス、プールサイドでモリアーティと対決するシーンでシャーロックが口にする、日本人にはいまいちピンとこないこのセリフ(英語で見た時限定)。

Dear Jim, please will you fix it for me to get rid of my lover's nasty sister?
Dear Jim, please will you fix it for me to disappear to South America?

ジム=モリアーティなので、ジムと呼びかけるのは分からなくないものの、どうもシャーロックの口にしているセリフは何かの定型文のような…

実はこの「Dear Jim, please will you fix it for me」は、UKの子供向け大人気長寿番組「Jim'll Fix It」のお約束セリフで、現地人にはとても馴染みのある言葉。

「Jim’ll Fix It」は、BBC Radio OneのDJだったJimmy Saville(ジミー・サーヴィル)が子供達から手紙で寄せられたお願いや夢を実際に叶えてあげるというBBCのTV番組(1975年5月31日から1993年7月まで約18年間続いた長寿番組)で、子供達は「Dear Jim, Please will you fix it for me」という書き出しで、ジムおじさんに叶えて欲しいお願いを手紙にしたためたようです。

こちらのサイトによると、

  • ジェットコースターの上でランチが食べたい
  • バービー人形の服をデザインしてメーカーに作ってもらいたい
  • 視覚障害のある双子がアイドルに会いたい
  • Doctor Whoの番組に出たい

などなど、ジムおじさんはたくさんの子供の願いを叶えていったとのこと。時代が進むにつれてなかなか叶えられないお願いなどが増えたため、番組は終了を迎えてしばらく経ちますが、シャーロックやジムの世代ならきっとこの「Jim'll Fix It」を見て育ち、叶えて欲しいお願いをたくさん持っていたのかもしれません。

ジムがどこでどのように<お願い>を募集していたのか分かりませんが、誰かの<お願い>をジムが叶えてやったことを、「Dear Jim~」とシャーロックが表現したと思われます。

UKのローカル番組ゆえ、「このDear Jimはどういう意味だ?」と、北米でも謎に思った人が多かったようです。さすがに、これは現地でこの番組を見ていないと分からない超ローカルネタではないでしょうか。

参考:Wikipedia

※ジミー・サーヴィルは2011年に亡くなっていますが、2012年に彼が長年にわたって児童などへの性的虐待を行っていたことが発覚。BBCは揺れに揺れました。

スポンサードリンク