推理ボードゲームCluedo(クルード) 「SHERLOCK」バージョン

イギリスで古くから親しまれており、劇中でもジョンが「シャーロックとは2度とやらない」と言った推理ボードゲーム「Cluedo/クルード」に、BBC「SHERLOCK/シャーロック」版が登場。

推理する事件は「誰がモリアーティを殺したか?」

推理する事件は「Who Killed Jim Moriarty?」。

ジム・モリアーティの遺体が発見され、死因は不明。容疑者は6人:シャーロック、ジョン、ハドソン夫人、レストレード警部補、マイクロフト、アイリーン・アドラー。誰が犯人か、凶器は何か。

外箱は幅40cm。割と大きめです。

裏面にゲームのお題と説明。

2人から6人までで遊べるボードゲーム。あなたの推理力が試されます。

こちらは普通の日本用クルード。

スマホで遊べる公式ゲームアプリも登場

ジョンの代わりに、シャーロックの「ネットワーク」の一員となってあちこちを駆け回る。スマホで遊べるゲームアプリ「Sherlock: The Network」もリリースされています。

ビデオメッセージはすべてこのゲームのためだけの撮り下ろし映像。

おなじみのメインテーマが流れる中、シャーロックに上から目線で操作を命じられ、マイクロフトにはコケにされ、ジョンには同情され…マインドパレスで謎を解く、BBCお墨付きの公式ゲームアプリ。

ご興味のある方は下のリンクからどうぞ。

スポンサードリンク

TOP